SMIDAニュース

回転式回転ミキサーの特徴と応用分野

2022-08-06
「自転公転ミキサー」の特徴 高粘度材料、液体、さらにはナノスケールの粉末材料まで、さまざまな材料を一定時間で均一に撹拌できます。混合比や比重の高い材料の撹拌も可能です。超強力高速で攪拌と脱泡を同時に。真空減圧を備えた製品は、材料からサブミクロンの気泡も除去します。溶剤成分や水分など、真空脱泡が苦手な物質については、大気圧脱泡モードを搭載した機種をご紹介しています。 (注:製品によって材料の速度が異なります!) 材料を攪拌分散する際、材料を破壊せず、材料の形状(繊維状材料、粉末材料など)や機能を破壊しません。 .ストレージ機能により、運転条件の保存や、材料ごとの攪拌パラメータの設定が可能です。ごく少量の材料を攪拌して脱気することができます。撹拌翼がなく、そのような器具を洗浄する必要がありません。外観構造はシンプルでメンテナンスも容易です。応用分野: 1. 実験材料、銀接着剤、接着剤、はんだペースト; 2. 燃料電池、太陽電池、バッテリーなどの新世代エネルギー技術、カーエレクトロニクス技術、FPD (LCD、LED、OLED); 3. 通信技術、プリンテッド エレクトロニクス技術、ナノ印刷アプリケーション; 4 航空産業、半導体産業、センシング技術、ロボット工学; 5 化学製品、歯科工学、生物工学、生物工学関連技術。 6 医薬品開発、医薬品、試薬; 7 食品、検査、分析技術等