SMIDAニュース

真空攪拌脱泡機の適用範囲

2022-07-29
この装置の目的は、LED、LCD、医療機器、電子部品、ナノ粉末材料、ファインケミカル材料、印刷電子材料、電子パッケージング材料、および新エネルギー材料で使用することです。蛍光体、シリカゲル、銀ペースト、アルミニウムペースト、接着剤、インク、銀ナノ粒子、銀ナノワイヤー、LED/OLED/SMD/COB 導電性銀接着剤、絶縁接着剤、RFID 印刷導電性インク、およびさまざまな異方性導電剤などの混合および攪拌分野接着剤ACP、薄膜太陽電池用導電ペースト、PCB/FPC用導電インクなど、液体から固体、液体と液体、固体と固体の撹拌が可能です。従来の混合装置では解決できない問題を解決します。さまざまな成分のスラリーと粉末を完全かつ均一に混合し、層化せず、気泡なしで、高効率で、処理時間を 5 ~ 10 分にします。混合技術の要求を高品質に満たします。